TinyLink 
Download: MP4/360/SD MP4/720/HD MP3
         
Title: 「紀州のドンファン」野崎幸助氏の妻 隠された素性2
Views: 221407 Like: 387 Dislike: 454
Duration: 11:38 Published: 2 weeks ago Author: channel
Description: 「紀州のドンファン」野崎幸助氏の妻 隠された素性2

ここの従業員の方たちは最初からこの妻のことをかなり怪しく思っていたのでしょうね。そうでなければ大々的に売り出しているわけでもないこの妻のことをすぐにみつけることは難しいです。しかも6人もの従業員がこのことを知っているだけではなく、スマホにそのデータを保存していたわけです。時々、観ていた可能性も高いわけです。やはりテレビではまだそこまでの報道は規制されているようです。
今回の件は非常に構図としてわかりやすいので、素人でもこの2人が怪しいことは明らかです。和歌山県警もこの2人に絞り込んでいるという事ですから、ここは正念場です。ここまで連日連夜大きく報道されている中、それがプレッシャーになるのかあるいは励みになるのかわかりませんが、後は証拠固めだけという事ですね。本日6月7日には愛犬のイブちゃんの遺体が掘り起こされました。この愛犬から覚醒剤の成分が検出されればかなり強い確証になります。あそこまで溺愛していた野崎氏が愛犬に覚醒剤を盛るとは考えにくいですから、第三者でしかもかなり近い関係の人間と限定されることになります。
野崎氏にこの妻を紹介した男性は自分からネタを持っていっているという事から考えると普通は判任とは考えにくいです。最初に紹介した女性とはある程度の契約があったのかもしれませんが、この妻とは間接的にしか知らないところから今回のこととは無関係だと感じます。しかし、全く見ず知らずの男性から声をかけられて女性と会い愛人契約を結ぼうとするこの野崎氏もどういう人なんでしょうか。元々女性を性のハケ口としかかんがえていないことからこのような無様な亡くなり方をする羽目になりました。
また、「純朴なタイプ」と言いますがヤンキーばかりの学校で「純朴」と言われても説得力がありません。(笑) 結局、やっていることはその程度の内容です。
ただ、警察の捜査の方法をばらしてしまっていいのでしょうか。今後は警戒して別の手段をとることになります。

引用:週刊新潮 2018年6月14日号

@Tinytu_be